セラックα―OD

植物から抽出した酵素が原料。

1.特徴及び特性

1.燃料対比1/400(0.25%)を添加するだけ(全燃料共通)
2.使用可能な燃料、ガソリン・軽油・灯油・バイオ燃料各種・A重油・C重油・再生重油
3.燃料消費効率改善
4.熱量(出力)の改善
5.燃焼による有害物質(二酸化炭素・一酸化炭素・炭化水素・窒素酸化物)発生の抑制

2.混合方法(ガソリン・軽油・灯油・バイオ燃料各種・A重油)

1.燃料タンクに10%〜30%程度の燃料が入っている場合、満タンの燃料総量に対し、約1/400のセラックα―ODを投入します。満タンで100ℓの場合は1/400の250mlを混合させます。タンクに残っている燃料は、正確な量を量る必要はありません。次に、通常通り給油することによって、セラックα―ODが燃料全体への均一分散が可能となります。
2.補充給油する場合は、その補充給油量の1/400、セラックα―ODを混合してください。


セラックα―放熱A

セラックα―1500

セラックα―AC